うみうのウッティー

日本国内初の人工孵化(ふか)で誕生した「宇治川の鵜飼」の「うみうのウッティー」
クリックすると拡大します
2014年6月29日
海鵜で国内初の人工孵化(ふか)で誕生した
「宇治川の鵜飼」の「うみうのウッティー」。
ウミウのヒナの成長を温かく見守っていくためにも、皆様の温かいご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。



公益社団法人 宇治市観光協会


 最新のお知らせ
2017年6月10日-7月9日
■ウミウのひなの一般公開
今年も観光センター2階和室にてウミウのひなの一般公開を実施いたします。

2017年6月8日
■有精卵の卵で孵らなかった鵜の卵の判定結果について
検卵で有精卵と判明しましたが、ふ化しなかった卵(中止卵・死ごもり)をご報告いたします。

2017年5月12日
■鵜のヒナ 孵化一覧(5/4-5/12)
現在、育成機にて管理しております。

2017年5月8日
■卵の有精卵・無精卵判定について
今年産卵した全ての卵の判定結果。

2017年4月27日
■鵜の卵 採取一覧(4/7-4/27)
現在、孵卵器にて保温しております。

2017年4月9日
■鵜の卵を採取いたしました」
現在、孵卵器にて保温しております。

2017年4月8日
■今年初めての鵜の卵を採取いたしました
現在、孵卵器にて保温しております。

過去のウッティー情報を見るにはこちら 

 宇治川の鵜飼情報
2017年7月1日(土)〜9月30日(土)
■乗合船
大人 2,000 円
小学生 1,000 円

乗合船についてのお知らせ
 鵜飼ブログ
2人の女性鵜匠が綴る
 鵜飼の日々
ブログはこちら


 宇治川で誕生したウミウのヒナの愛称とイメージキャラクターについて
 ヒナの愛称決定! 「うみうのウッティー」
募集期間 平成26年8月6日〜8月31日
応募総数 420名(男性140名、女性277名、未記入3名)
応募内訳 宇治市を中心に北海道から九州及び海外(香港)の1歳〜84歳の男女合計420名からご応募いただき、応募内容は「美宇」「うー茶ん」「うーたん」など多数のものから少数のものまで220点を超えました。
ご応募いただいた内容を参考に、宇治市とウミウのヒナ、鵜飼などを連想させることや、キャラクター展開や呼びやすさ、親しみやすさなどを考慮して検討した結果「うみうのウッティー」に決定いたしました。
また、この度誕生したウミウのヒナのイメージキャラクターを作成しましたので併せましてご連絡申し上げます。
規定 ※うみうのウッティーについて

『うみうのウッティー』は京都府宇治市の宇治川で、日本で初めて人工孵化により誕生したウミウのヒナのイメージキャラクターです。
『うみうのウッティー』につきましての著作権(著作権法第27条、第28条を含む一切の権利)は、公益社団法人宇治市観光協会に帰属しており、法律によって保護されています。これらを権利者の許可なく複製、配布、改変などすることはできません。
『うみうのウッティー』は製作されたデザイナー形部一平氏より公益社団法人宇治市観光協会が許可をいただき掲載・使用させていただいておりますので、許可をいただきました素材の著作権は製作されたデザイナーご本人様に帰属いたします。

●禁止事項について
1. 第三者や公益社団法人宇治市観光協会の財産、権利、プライバシー、名誉、信用、
利益等を侵害する行為。
2. 有害なコンピュータプログラム、データまたは情報を使用、送信またはアップロード
する行為。
3. 法令・規則等に違反する行為。
4. 公序良俗に反する行為。
5. 前各号に該当するおそれのある行為またはこれらに類する行為。
6. 上記のほか、公益社団法人宇治市観光協会が不適切であると判断する行為。

■『うみうのウッティー』 商標出願番号
 商願2014−101479
■キャラクターデザイナー 形部一平 氏 プロフィール


 ウッティー応援募金の受付について
ウミウのヒナの成長を温かく見守っていくためにも、今回「ウッティー応援募金」の募金箱を設置いたしました。皆様の温かいご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 ■ 設置場所   公益社団法人 宇治市観光協会
             京都府宇治市宇治塔川2番地(宇治市観光センター内)

クリックすると拡大します◆寄付金の領収書
「ウッティー応援募金」への寄付金では、所得税の控除が受けられます。
寄付金の受領を証明する「寄附金受領証明書(領収書)」を、ご希望の住所へ送付いたします。
※寄付金控除を受ける確定申告に必要ですので、大切に保管してください。

◆お問い合せ先 
公益社団法人宇治市観光協会
0774‐23‐3334 まで


平等院表参道商店会 宇治橋通商店街振興組合 宇治源氏タウン銘店会

宇治市観光協会ホームページ